• 従事した新規事業は7年で1,500件超!事業プランを実商売へ導きます
  • 新規事業インキュベータ

    石川 明

    (いしかわ あきら)

1988年、(株)リクルートに入社。7年に渡り新規事業開発室のマネージャとして、1,500件以上の新規事業案件に携わり、数多くの社内起業や、起業促進のための社内制度の設計・運用を経験。2000年、(株)オールアバウトを起業し、10年に渡り事業責任者を務める(2005年JASDAQ上場)。2010年に独立。様々な業種の企業と契約し、新規事業の企画・企業内起業活性化のための制度設計・社員教育に従事。著書に『新規事業ワークブック』(総合法令出版)、『はじめての社内起業 「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ』(自由国民社)がある。

石川 明のインタビュー記事を読む

実績

  1. (株)リクルートで社内の起業提案制度の事務局長を務める

    (株)リクルートの起業文化を支える制度、New-RINGの事務局を7年に渡り務め、計1,500件以上の新規事業案件に従事(1993~2000年)。制度の設計と運用を通じ、案件開発・風土醸成・社員教育を行った。

  2. (株)リクルートで中長期の事業戦略策定に従事

    (株)リクルートの新規事業開発室のマネージャとして、インターネットの普及など事業環境の大きな変化が予測される中、中長期の事業展開に関する戦略策定に従事(1993~2000年)。 事業展開のドメイン設定、蓄積すべきテクノロジーの選定、提携候補先の選別、起業提案時のフローや経営判断基準の策定、起業系人材育成のための新制度の策定等を行った。

  3. 米国企業との合弁でオールアバウト社を創業

    リクルート社の中から集められた7名と共に、米国About.com社との合弁で新会社を設立。その後10年に渡り事業部長等を務めた(2000~2010年)。最大売上げ約45億円、従業員数200名強。2005年JASDAQに上場するなど、事業運営の中核として事業の拡大を牽引。

  4. 企業の新規事業アドヴァイザー

    2010年に独立以降、常時並行して4~6社の新規事業のアドヴァイザーを務める(2010年~)。業種は、エネルギー、通信、住宅、化学、バイオ、教育、等幅広い。

  5. iPS関連企業の役員

    2011年よりiPS細胞関連企業リプロセル社のマーケティング・アドヴァイザーを務める。その後、2013年の上場に伴い、現在は非常勤監査役に就任。(2012年~)

こんな課題を解決します(強み・得意な領域)

  1. ボトムアップ型の社内起業促進

    従業員の発案を促し、モチベートし、起業に繋げていく仕組み作り、その設計と運用。

  2. 当事者の思いを大切にした案件開発

    経営者を始め案件開発に携わる社内当事者の方々の主体性や思いを最大限に尊重し、十分な対話の時間を持ちながら、その具現化をバックアップします。

  3. 実の「商売」に繋げるプラン作り

    プランを絵に描いた餅に終わらせず実効性をもって具現化していけるよう、「誰が」「どうやって」「どこで」売っていくのかまで、リアリティをもって検討します。営業現場の数多い体験をベースに「売れそう」という感覚を大事にしています。

  4. 徹底した顧客目線

    自社都合に陥って上手くいく事業はありません。敢えてクライアントの立場とは一線を画し、第三者として立ち位置を大切にし、顧客目線を徹底します。

  5. 幅広い様々な業界経験

    業界の専門的知識はクライアントに委ね、自分は他の視点を持ち込むことを大事にします。その時、幅広く様々な業界での事業経験でお役に立てます。

プロへの質問

若手の頃はどんなビジネスパーソンでしたか?
まず経験する「量」を重視して、選り好みせず沢山の仕事をすることにこだわりました。「量」をこなすことができるようになってからは、できるだけその分野の一流の人と仕事をさせてもらえるよう努めました。たくさんの仕事をさせてもらい、レベルの高い仕事を任せてもらえるよう、わかりやすく「一番」の業績をあげることに徹底的にこだわりました。
仕事をする上で大切にしていることは?
仕事相手に単に奉仕をするというのではなく、相手と共通の目標・共感できるものを作り、協働意識をもって取り組めるようになる関係作りを心掛けています。
サービス立ち上げ・成長に関して印象に残っているエピソードは?
思いを形にし、それを世に出し、問うて、認めていただけたとき、喜んでいただけたとき、感謝してもらえた時が何より嬉しいです。
企業へのメッセージ
本来、新事業の創造は企業が外注し委託するべきものではありません。社内に当事者を作り、その思いを大事にしながらご一緒に開発を進めていく伴走者でありたいと思っています。
このプロに問い合わせる

このプロを運営事務局よりご紹介することも可能です。
「プロ紹介コンシェルジュサービス」までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
プロ紹介コンシェルジュサービス