• あなたの開発チームを立ち上げ、アイディアを実現します。
  • 開発コーディネーター/アーキテクター

    澤田 寛

    (さわだ ひろし)

大学在学時にPC用ゲームを自主制作・販売、その経験から(株)ソニーコンピューターエンタテインメントでゲーム企画を行う。(株)デジタルアーツでは、インターネット系ソフトを25本以上に携わり開発本部長に就任。現在は株式会社エンファクトリーで執行役員開発担当のかたわら、副業として合同会社ワンフレームを設立。幅広い制作系人脈と開発手法を組み合わせ、環境に合った実現していくことが持ち味です。

実績

  1. 総合イベント情報サイト「ことさが」の企画・開発・運用

    「ことさが」は、日本全国のイベント・キャンペーン・新商品情報を、ジャンルと日時、場所に分類して紹介する、イベント情報に特化したポータルサイトです。 ユーザー投稿の促す仕組み、イベントを自動収集するクローラー機能などの開発を推進し、累計30万件のイベントが集まっています。

  2. 各種Webサービスのアドバイザー

    バックエンド・フロントエンドシステム、SEO、UI/UXなど、Webサービスのサイトの仕組みづくりのお手伝い

こんな課題を解決します(強み・得意な領域)

  1. Webサービス・プロダクトの新規立ち上げ

    これまでの培ったセキュリティソリューション、Webマッチングサービス開発の経験を活かし、Webサイト構築、ツール開発をお手伝いします。アイディアを実現するためのどう技術を組み合わせていくかの提案が得意です。

  2. 幅広い経験・知識での制作・開発お手伝い

    パッケージソフト・ソリューション、Webサービス、Webメディアの様々なモデルを手がけ、これまで40以上のプロダクトを世に出してきました。 その経験を元に、制作・開発のお手伝いをすることが可能です。

  3. 人脈を活用した開発チームのご提案

    制作・開発の分野での人脈が広く、開発者のご紹介ができます。規模によっては、1人だけではなくチームとしてのご提案も可能です。

プロへの質問

若手の頃はどんなビジネスパーソンでしたか?
学生時代にパーソナルコンピューターでクリエティブなことができることに感動し、ゲーム開発、音楽制作に没頭していました。20代はその延長で制作・開発で手を動かしていましたが、1人での実現力に限界を感じ、管理・プロデュースとしてチームも動かせるようにという方向にシフトしました。
仕事をする上で大切にしていることはどんなことですか?
誰とやるか、人を重視しています。 チームで何をやるかよりも、やりたい人同士で集結したチームのほうが成果が上がると信じています。ただ、そうは言っても現実的な収益性・持続性向上のためには、やりたいこととやるべきことのバランスが重要と考えています。
サービス立ち上げ・成長に関して印象に残っているエピソードを教えてください
何事も、少し自分のポテンシャルより上のチャレンジをすることを心がけています。 最初の起業は右も左もわからない中出発し、色々失敗を経験しましたが、今ではその反省が基盤になっています。
企業(サイト閲覧者)へメッセージ
Webサービスの立ち上げ、ツールなどの開発でアイディアはあるが実現が難しい状況の企業様。人の手配含めどうやって実現するかを考えてご提案します!
このプロに問い合わせる

このプロを運営事務局よりご紹介することも可能です。
「プロ紹介コンシェルジュサービス」までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
プロ紹介コンシェルジュサービス