• 農業、飲食、Web、リアルからバーチャルまで成功に導く案内人
  • ビジネスプロデューサー

    北川 寛人

    (きたがわ ひろと)

東京大学卒業後、プライスウォータハウスコンサルタント(株)にて、企業の業務とシステムのコンサルティング。(株)オールアバウトにて、コンテンツ、広告、イベントのプロデュース。(株)ライブドアにて、Webサービスの企画、開発、運用、プロモーション、企業間タイアップ。(株)パーソナルビジネス設立。新規ビジネス開発、システム開発、経営コンサルティングの受託。飲食店自社経営(恵比寿)と店舗開発受託。

実績

  1. (株)エムスクエアラボ(m2-labo.jp)、事業整理と可能性調査。

    下記、各事業の整理と可能性調査、および全社の統括。 ・農作物の生産情報のプラットフォームシステム構築 ・農業関連技術や異業種企業間の事業可能性調査 ・農林水産物生産者の直販とブランディングの支援 ・青果の外食卸

  2. JICA予算による綿花栽培の事業可能性調査 (カンボジア)

    某社団法人がJICAより受託したBOPビジネス事業可能性調査プロジェクトにて、農法調査や付帯情報の収集、現地スタッフのマネジメントを担う。

  3. 富裕層限定SNSの立ち上げ

    某事業会社にて立ち上げ。常駐し、既に稼働していた独自のSNSフレームワークを活用。デザイナー以外は、クライアント内のリソースを活用し、ビジネスモデル構築からリリースまでのプロジェクトマネジメントを行う。2006年11月にリリースし、現在も稼働中。

  4. 恵比寿cam(ワインバー)の立ち上げと運用

    自社のオフィス兼バーとして、ワインバー『cam』(www.bar-cam.jp)を開業し現在も営業中。リアルの場での人の交流のハブとしてプロデュースし、4年間店長として営業。立地調査、物件選定、店舗コンセプト、店舗内装外装ディレクション、メニュー開発まで飲食店舗に必要な許認可と運用の全てを担う。2007年5月4日にオープン。

  5. 不動産会社(JASDAQ上場)のWebサイトリニューアル

    商号変更時のWebサイトリニューアル受託時、先方窓口に知識のある担当者やレビュアーが存在しなかったため、一切のレギュレーションがないまま、コンテンツベンダー20社、サーバーベンダー20社が、複雑な権限設定を施したcmsと非効率的な運用を介し、ユーザー目線で迷路のような導線とバラバラなUIに。そこで、エンドユーザー視点でのレギュレーションの必要性、サーバーや運用の整理を次フェーズへの課題として提案し解決。

こんな課題を解決します(強み・得意な領域)

  1. 既存業態に捉われない柔軟なビジネススキーム構築

    「流動性の高い資産3億円以上のユーザー限定のSNS」証券会社の顧客をユーザーとすることで、資産を間接的に把握。ユーザーに課金するのではなく、クライアントに課金することで、低単価のカスタマーサティスファクションを数多く積み重ねるのではなく、クライアントの窓口の方さえ満足すれば高単価で課金可能なビジネスモデルを選択し、実装。

  2. 技術移転ベースの事業開発

    「腐植」とは、土壌の有機成分で農水省のドキュメントにも記載され、有用性も知られる物質。しかし化学式は同定されていない。特定エリアから産出する腐植を活用した廃棄物処理プラントを専業コンサルタントと協業し構築。メカニズムがブラックボックスだったとしても、その技術を稼働した際のインプットとアウトプット、そして環境負荷が明確になれば、社会実装することは可能。そもそも完全に解明された現象は存在しません。

  3. 責任範囲に捉われない臨機応変な対応

    二次流通事業の立ち上げと法人成り支援。在日外国人の二次流通(ebay出品による中古ブランド品の海外輸出)起業支援。古物商の取得、国内の古物市場への参加交渉、オフィス選定や人材採用と税理士紹介などによるバックオフィス業務の整理。開始後数カ月で月商が800万を超えたため、急遽法人成りを提案し、定款作成はじめ法人設立実務を支援。

プロへの質問

若手の頃はどんなビジネスパーソンでしたか?
現場にある習慣や常識に捉われず、常に自分で考えて意思決定するよう心掛け、また所属企業の上司やクライアントに対して提言して来ました。一方、若手の時は、必ずしも自分の考えを突き通すことが全体最適に繋がらないということが経験として実感できていなかったと反省しています。様々なクライアントとの経験を経て、場の雰囲気と素直に論理的に選択肢を精査することのバランスに留意しています。
仕事をする上で大切にしていることは?
人材の選定と関係構築、運用の精査、持続可能性の考慮。人材選定とコミュニケーションを通じた関係構築に留意します。ビジネスシーズが優れていても、運用する人に問題があれば必ず失敗します。事業を実務に落とし込む際の運用は、ワークフローから書類の項目に至るまで常に改善点を探ります。事業は立ち上げることより、継続することの方が大変で、かつ重要です。あらゆる視点での持続可能性を考慮し、ビジネス開発を行います。
サービス立ち上げ・成長に関して印象に残っているエピソードは?
チャールズ・ダーウィンは「この世に生き残る生き物は (中略) 変化に対応できる生き物だ」という言葉を残したとされています。私が関わった企業も、上場やバイアウトによるエグジットや世間からの評価や売上など、栄枯盛衰を感じさせるケースが多く、常に経営環境の変化に耳を澄ませます。
企業へのメッセージ
ビジネススキーム構築、実務への落とし込み、プロモーションまで、選択肢の提案から実行まで一貫してお任せいただけます。個別業法調査、許認可取得、リリースまでのTodo抽出とプロジェクトマネジメントからステークホルダー調整まで、クライアントサイドに立ち、プロジェクトを動かします。
このプロに問い合わせる

このプロを運営事務局よりご紹介することも可能です。
「プロ紹介コンシェルジュサービス」までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
プロ紹介コンシェルジュサービス