• 机上の空論ではない、独自の実践型マーケティング
  • マーケティングプロデューサー/ コピーライター

    加藤 元康

    (かとう もとやす)

約10年間広告制作のプロデューサー兼 ディレクターとして、様々なブランド広告やプロモーションの制作を手がける。 その後、MBAなどのマーケティング理論を応用して作り上げた独自の手法とWEBマーケティングの根幹であるダイレクトレスポンスマーケティング組み合わせた、新世代のWEBマーケティング戦略を広く提案。 これによるブランディング構築で、マーケティングの成果の出やすい企業体質の改善を図っている。

実績

  1. BtoBのオウンドメディアを立ち上げ最大約10万PV/月

    オウンドメディアの実践として「アナーキーマーケティング」 http://anarchy.jp/ を立ち上げた。BtoBのマーケティングメディアとしては珍しい約10万PV/月を集める。メッセージの強いコンテンツでエンゲージメントを上げ、ブランディングを構築させているのが特徴。

  2. 日本郵便株式会社の社内向けマーケティング講師

    郵便局が企業クライアント向けに提案するために必要なマーケティングの講義を日本全国で実施。 その他一般企業へのインハウスマーケティング研修や、マーケティング戦略セミナーなども随時開催している。

  3. ナショナルクライアントから中小企業までの広告制作の実績多数。

    コピーライティングをはじめ、グラフィックデザイン、WEB、動画PVやCM、セールスプロモーションプランニング、イベント、ブランディングなどの制作、ディレクション、プロデュースに約10年携わっていたので、現場を熟知したうえでのコンサルティングに定評。

こんな課題を解決します(強み・得意な領域)

  1. オウンドメディアによる、企業ブランディング構築

    SEOではなく、企業ブランディングのためのコンテンツマーケティングを支援している。 これに必要なのが、マーケティング戦略から導き出した、マーケティングコンセプト。 コンセプトにもとづいて、メッセージ性の高い他社と差別化を図ったコンテンツを制作する。 このようなマーケティング戦略のコンサルティングを提供している。

  2. ブランディングのためのコンテンツ制作と「コンテンツランディングページ」の制作代行

    ブランディングのためのコンテンツは、社内の経営層、現場の上層部などが制作すべきであるが、それが困難である場合の代行を用意している。 また、コンテンツでアクセスが集まっても、受け皿であるライティングページが広告っぽいと離脱が多いため、コンテンツに近いライティングページである「コンテンツランディングページ」の制作の代行もしている。

  3. 人材採用のためのコンテンツマーケティングの制作代行

    オウンドメディアの運営は、企業のブランディングになるため、人材採用でのアドバンテージも上がってくる。 そのためのコンテンツ制作から、人材の集客までのマーケティングの実施を代行。

  4. マーケティングの目的から設計するWEBサイトの制作

    マーケティングの目的をクリアにするためにも、WEBマーケティング戦略を組み立てる。 この戦略からWEBマーケティングの戦術を立てて、これらを実施するためのWEBサイトを設計する。 デザインなどのクリエイティブから制作するよりも圧倒的に成果の出るサイトを提供している。

プロへの質問

若手の頃はどんなビジネスパーソンでしたか?
コピーライター上がりで、営業をゼロから叩きこまれました。 テレアポの鬼で、新規なら加藤と言われるくらいになったのですが、反面、このようなノリと勢いだけで新規案件をガンガン取ってきていたので、制作のトラブルなどが多かったです。 ご想像のとおり、その後、挫折も多く経験しました。その時救ってくれたのが、マーケティングでした。
仕事をする上で大切にしていることは?
とにかく、顧客目線、です。 私はコピーを書いていると、今でも自分の目線になっていたりします。 それくらい顧客目線を貫くことは難しいのですが、この顧客目線こそ、マーケティングのキモです。 これが狂うから、マーケティングの施策が失敗したりするので、 特に制作したものは、私だけでなく社員全員が常に周りの人間に意見を求めるようにしています。
サービス立ち上げ・成長に関して印象に残っているエピソードは?
弊社ではコンテンツマーチャンダイジングの事業もしています。 顧客は法人と個人がいて、やはり法人のほうが受注金額が大きいのですが、 個人の顧客からは、感謝のお声をいただくことが多かったため、 顧客の声を事務所の壁に貼っていったら一面感謝状だらけになったことがあります。 金額の大小ではなく、より喜んでいただける顧客に最大価値を提供したいという想いで事業が続けられているキッカケになりました。
企業へのメッセージ
広告とは、企業の想いであるメッセージをマーケットに伝え、知ってもらうこと。 これが、ブランディングであり、マーケットとの関係性を深めることです。 これがあれば、同じ広告費でも多くのコンバージョンが上がっていきます。 ブランディングは、昔はCMでしかできませんでしたが、いまではSNSとオウンドメディアで実現できるのです。 もし、顧客獲得単価の改善を検討されているのであればお役にたてるはずです。
このプロに問い合わせる

このプロを運営事務局よりご紹介することも可能です。
「プロ紹介コンシェルジュサービス」までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
プロ紹介コンシェルジュサービス