• メディア・コンテンツをゼロイチで創り出しグロース
  • Webマーケティングコンサルタント/メディアプロデューサー

    岡崎 由和

    (おかざき よしかず)

大学生のときに立ち上げたWebメディアを事業化し、Web集客コンサルタントとして独立。10年近くコンサルティングを続けたのち、中小ITベンダー、上場企業において、Webメディア開発、アプリ開発など、コンテンツマーケティング、グロースハック、SEOに関するプロジェクトを統括。  HR系(転職、働き方、スキルアップ)とライフスタイル系(住まい、暮らし、子育て)などの立ち上げ&リニューアルが強み。

実績

  1. アイデア出しから50日でオウンドメディアをリリース

    社内1名体制から開始。0からの編集者、ライター、フォトグラファー探しに苦戦する。 また、「一般の親子が登場するコンテンツ制作」という要件があったため、担当できる編集プロダクション探しも難航。 しかし結果的には、ターゲットとしていた長寿祝い(古希、喜寿)に関するキーワードの検索上位へのサイト掲載を達成する。

  2. 300万PV/月を達成したスマホアプリ紹介メディア

    自社メディアを作ることになり、スマホアプリが人気上昇中であったことも踏まえ、アプリ紹介サイトを構築。 コンテンツはすべて内製化。メンバーの多くが他の業務と兼務であったが、月に100本近くの記事を作成した。 2か月後から順調にユーザーが増加し、月間300万PVを達成。

  3. 医療系人材紹介サイト フルリニューアル

    社内外含めて20名体制。初のリニューアルのため、社内には、経験値がほとんどない状態であった。 開発会社(外部)の画面設計漏れを把握。当初の予定から一か月の遅延が見込まれたが、社内体制での運用に変更することで遅れを取り戻した。 SEO、UXの両方の要件を満たすため、一般的には4~5つの画面で成り立つ画面設計を25画面で構成し、実装した。

こんな課題を解決します(強み・得意な領域)

  1. 課題の把握から、マーケティング戦略全体像の組み直し

    「オウンドメディアを作ったけど、問い合わせの数が増えない。」 「それぞれのマーケティング施策が連動していないため、問い合わせは増えたが、売り上げにつながっていない」 というケースは多くあります。 Webでの認知から、リアルでの受注までの一連の流れまでを逆算し、入口から出口までのマーケティング戦略を構築します。

  2. SEOとSNSの両面からグロースさせるコンテンツマーケティング施策の提案

    オウンドメディアで記事を制作し、定期更新しているけれど、 「ページビューが伸びない」「CTAが増えない」というケースが多くあります。 どのユーザーがどのようにそのメディアを閲覧するのか、どのSNSと相性が良いのか、メルマガやオフラインとも連動させるのか、などマーケティング全体の施策を提案します。

プロへの質問

若手の頃はどんなビジネスパーソンでしたか?
大学在学時(福岡)のときに個人で運営したいたサイトに毎日1万人以上のアクセスがあったことでWebに夢中に。バブル崩壊後で就職氷河期だったこともあり、就活せずに、立ち上げたWebメディアを事業化し、地域密着のWeb集客コンサルタントとしてフリーランスになりました。
仕事をする上で大切にしていることはどんなことですか?
「らしさ」のあるマーケティングを実施することを大切にしています。 商品・サービスがあれば売れるという時代ではなくなり、知ってもらう覚えてもらうだけでも、創意工夫が必要になってきています。 その商品・サービスの強みや競合より優れている点の明確化、またその企業のもつ理念やストーリーによる差別化を行うことで、その企業「らしさ」のあるマーケティングが実現され、効果的な施策となります。
サービス立ち上げ・成長に関して印象に残っているエピソードを教えてください
医療系人材紹介サイトのフルリニューアルは1年以上かかる大規模プロジェクトでした。 社内のメンバー(当時の部下は女性8名)も、私以外は、リニューアルプロジェクトの経験がなかったのですが、企画からリリース前のチェックまで粘り強く取り組み、期間内でリリースすることができました。 同時に複数のプロジェクトを担当していた私自身はもちろん、メンバーも大きく成長したプロジェクトでした。
企業へのメッセージ
Webの打ち手は変化の早い分野であるため、社内に専門の部署がない場合、後手に回りがちだと思います。 また、SEO施策、コンテンツ企画、CVR改善、広告施策、CRMといった、専門性が異なる物を組み合わせないといけないため、少ない担当者では、対応できない部分も出てきます。 担当者の方と併走しながら、Webマーケティング戦略構築と、20年のWeb経験からのサポートが可能ですので、ご活用いただければと存じます。
このプロに問い合わせる

このプロを運営事務局よりご紹介することも可能です。
「プロ紹介コンシェルジュサービス」までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
プロ紹介コンシェルジュサービス