• 成功の鍵は安く素早い効果検証、チラシ1枚で新規事業の構築を
  • プロセス・コンサルタント

    和波 俊久

    (わなみ としひさ)

自身2度の起業経験と、IT企業でのプロセスコンサルタントとしての活動を経て、2012年に"Lean Startup Japan LLC"を設立。日本の「トヨタ生産方式」を起源とするリーンスタートアップの考え方に基づいた新規事業支援を行っている。プロセスコンサルタントの視点を活かし「どのような事業を始めるか」ではなく「どのように事業を始めるか」にフォーカスした独自のコンサルティングを提供。著書に『ビジネスモデル症候群 ~なぜ、スタートアップの失敗は繰り返されるのか?』(技術評論社)がある。

和波 俊久のインタビュー記事を読む

実績

  1. メディア事業会社におけるサービス改善プロセスのリーン化

    多くの企業が、自社サービスの改善を行う際に、メンバーのアイディアや、ベテラン社員の経験や勘に依存した作業を行っています。こうしたやり方(プロセス)は効果が出なかった際にはその原因が全く分からないという組織文化を形成し、資産を垂れ流すという結果につながります。リーンの導入はそもそも効果が測定できない施策は投入しないプロセスを形成します。これにより最小限の投資によって最大限のリターンを実現しました。

  2. メーカー企業における新規事業戦略策定プロセスの大幅な期間短縮

    将来の核になる事業を設計する際、殆どの企業では多くの労力をかけて「計画」に時間を費やします。担当した企業でも5ヶ年計画で事業戦略を策定していました。しかしその殆どが都合の良い未来予想になっており、数百ページに及ぶ調査資料にはほとんど裏付けがありませんでした。そこで計画に仮説検証の概念を導入し、未来の仮説を立てたらすぐに資源を消費しない手段で検証するというプロセスにより大幅な時間短縮を実現しました。

こんな課題を解決します(強み・得意な領域)

  1. 新規事業開発チームへのリーンスタートアップ導入

    新規事業開発の新潮流であるリーンスタートアップの導入を支援します。書籍を読んで見よう見まねで始めてみても、なかなか効果を実感できるまでに至らないのがリーンスタートアップの特徴でもあります。それはチームのスキルが不足していたわけではなく、リーンスタートアップの本質を誤解していることが原因です。その誤解を解き、チームのスキルを最大限に発揮できる組織作りをお手伝いします。

  2. 新規事業における戦略策定支援

    新規事業とは企業における投資事業です。投資を行う際には投資に最適化された様々な評価基準(進捗測定・人事考察)が必要ですが、ほとんどの社員が投資とは縁遠い既存事業を行っている組織では、このような評価基準を持っていないことが多いのです。投資を的確に測定するには、まず新規事業戦略を策定することが最も有効です。企業がなぜ新規事業という投資を行うのか、そのためには何を行うべきなのかを戦略化します。

  3. IT設備投資戦略策定支援

    多くの事業会社においてIT資産は「コスト」だと考えられています。システム開発費や保守・運用費の削減が求められるのは主にこうした誤解によるものですが、ITとは本来、事業会社にとっての「設備投資」に他なりません。積極的な設備投資によってリターンを最大化させることこそがIT設備投資戦略の実態なのです。ソフトウェア・ハードウェア・開発費・運用費を企業における資産形成と紐付けて、投資戦略の策定を行います。

プロへの質問

若手の頃はどんなビジネスパーソンでしたか?
自分の知識を積み重ねることに終始していた気がします。知識が増えさえすれば良い仕事が出来るようになると思っていましたが、コンサルティングの本質はいかにクライアントを理解するかに尽きます。これに気づいたのが十年ほど前になりますが、それからの仕事のやり方は大きく変わったように思います。いくら自分が知識を積み重ねても、それを受け取るクライアントの環境が変化し続ける限りは、一生勉強なのだと痛感します。
仕事をする上で大切にしていることは?
・徹底的に結果にこだわること ・自分が対応できない事例に出会ったときにしか、自分が成長する機会はないということ
サービス立ち上げ・成長に関して印象に残っているエピソードは?
自身の二度の起業体験が、リーンスタートアップの正しさを証明していると思っています。最初の起業時は元々が自分のアイディアではなかったため、成功できるとは最初から思ってもみませんでした。その結果として、無謀な資金投入をすることもなく、常に事業成立を疑って行動した結果、成功できました。対照的に二度目の起業時は、アイディアはいつしか過信へとつながり、一度の多くの資金を投入して見事に失敗をしたのです。
企業へのメッセージ
新規事業の立ち上げはとても特殊な環境です。この環境を経験したことがある人は少ないため、成功する環境を再現できないのが、これまで多くの新規事業が失敗してきた理由です。しかし、リーンスタートアップは再現可能な思考群であるため、多くの企業で成功事例を生んでいます。ぜひチャレンジしてみてください!
このプロに問い合わせる

このプロを運営事務局よりご紹介することも可能です。
「プロ紹介コンシェルジュサービス」までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ
プロ紹介コンシェルジュサービス